Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

病院が提案するダイエットプログラムで確実に痩せる!

MS医療ダイエットの効果とは?スマホやパソコンで遠隔診療

年末年始、食べ過ぎて、心配になってダイエットしたい!と思いませんか?

ゆで卵ダイエット、脂肪燃焼スープダイエット、糖質制限ダイエット、食事前キャベツダイエット・・・

いろんなダイエット方法がありますが、効果があって、
せっかく痩せてもリバウンドしてしまった(-_-;)
というのでは仕方ないですよね。

短期間でどうしても痩せたい!確実に痩せたい!

春になったら結婚式に招待されているので、スリムなドレスを着たい!
夏になったら水着の季節に自信をもって好みの水着を着たい!

健康診断での数値が良くないので、健康上、もう少し痩せないと・・・という方、

いろいろなダイエット法を試して、効果が得られなくて、私がたどり着いたのが
MS医療ダイエットです。メディカルダイエットは最も楽で効果確実なダイエット方法です。

MS医療ダイエットなら、医師に相談しながら、確実に、効果あるダイエット。リバウンドなく痩せられる方法です。

MS医療ダイエットの医師に受診しながら、薬を処方してもらえるのは、安心感がありますね。

自己判断で痩身薬やサプリメントを選ぶわけではありませんから、自分の今の体調に合った薬を
飲むことができます。

13080

一般的な医療ダイエットの種類

一般的な医療ダイエットは、「メディカルダイエット」、「医療痩身」、「ダイエット外来」、「肥満外来」ともいいます。
医療ダイエットの方法はどんな方法があるでしょう?

例えば
・減量手術 胃を小さくするスリーブ手術をする。
・脂肪溶解を目的とした注射
・脂肪吸引して余分な脂肪を減らす。
・ダイエットマシン・・・超音波や脂肪を燃焼させるもの、凍らせて落とすものなど
・Lカルニチンやリポ酸を投与し、脂肪燃焼の促進や脂肪増加を抑制する
・遺伝子検査
・痩身薬 サノレックスやゼニカル、ツムラの防風通聖散(医療用)などの医薬品が
ダイエット外来、肥満症などで病院で処方されます。ダイエット効果が高い医薬品です。
肥満レベルや医者の判断で、保険適用または処方されない場合もあります。

このような方法がありますが、このような方法のデメリットとして
・外来で通院しなくてはいけない。
・メスを入れると、失敗や傷跡が残る可能性もあります。
・費用が高額。・・・・こんなにかかります(*_*;
減量手術・・・20-30万
脂肪吸引手術・・・上腹+下腹+脇腹で20万-50万
脂肪吸引、溶解マシン・・・20万-80万
注射・・・・10万前後
痩身薬・・・1-2万前後

MS医療ダイエットなら、遠隔地でもパソコンやスマホで受診して、医師の処方箋薬を飲むだけ!

食事制限をしなくても、食べ過ぎたものは排出するから、らーくにダイエットできます!

医療ダイエットは保険適用はできるの?

肥満症や極度の便秘、またはそれによって病気になる可能性がある場合は保険適用もあり得ますが、
健康な体の人がダイエットの目的で痩身薬を処方してもらうのは無理ですね。

保険適用されない自由診療のダイエット外来、医療ダイエットなどになります。これは、お医者さんの判断で処方してくれるます。

太りすぎ、糖尿病、脂質異常症、高血圧など生活習慣病は重病のリスクが高い!

お酒をよく飲む人が肝臓が悪くなることは、よく知られていますが、
お酒を飲まなくても、脂肪肝、脂肪肝炎になることがあります。

肝臓には、腸から吸収された栄養分を代謝してバランスよく全身に供給する役割があります。
そこに過剰な脂質、糖質が入ってくると肝細胞の中に主に中性脂肪として貯えられてしまいます。それが
脂肪肝となり、更に進行すると肝細胞が膨れて壊れてしまいます。壊死や炎症によって傷んだ肝臓は、
免疫力が低下することがあります。

このようにお酒を飲まなくても肝臓が悪くなり、肝硬変や肝がんになることがあるそうです。肥満、
糖尿病、脂質異常症、高血圧など生活習慣病があると、さらになりやすいということです。

肥満、または太りすぎの人は、世界の人口の30%に上るともいわれ、このままの傾向が続くと、
2030年には、ほぼ半数になると予想されているそうです。

肥満は、そこから大きな病気になりやすいので、早めに理想体重になるよう努力しましょう。

食事、生活習慣、運動を見直すとともに医師に受診して、改善することをお勧めします。

MS医療ダイエットでは、遠隔地でも通院しないで受診できます。

 

もっと気軽にできる医療ダイエットとしてMS医療ダイエット

MS医療ダイエットが効果大と注目されています。

スマホやパソコンでオンライン診察を予約、医師に相談して自分にあった痩身薬を処方してもらうのです。

自宅に届いた薬を飲むだけ!それがMS医療ダイエットです。

通院する必要はなく、都会でなく地方でも、大丈夫!
家でもどこでも診察を受けられ、お医者さんが自分に合った薬を処方してくれますので、安心してダイエットできます!

運動や食事制限をすること無くダイエット効果を実感する事ができます。
モニターの感想で、ほとんどの方がダイエット効果を実感しリピートしています。

MS医療ダイエットには2種のプランがあります。

・痩せるためのベーシックプラン
・痩せ終わってから維持するためのキーププラン

スマホで診察!処方された薬を飲むだけの「MS医療ダイエット」
通院しなくていい!全国どこからでも!

1.オンライン診察、希望日時予約
公式ページで予約します。
2.予約日時の確定・・・クリニックより電話があります。
3.予約日時にクリニックより着信・・オンライン診察
4.最適な薬を処方して自宅へ発送してくれます。
5.宅急便でお薬が届いたら、ダイエットスタート
6.アフターケアや再診もあり、サポートしてくれます。

スマホやパソコンで、遠隔診療してくれるから、通院する時間を取らなくていい
最も自分にあった薬を処方してくれますから、自分で適当に選んだサプリメントより効果は確実ですね!

スマホ・タブレット・パソコンいずれかで、ビデオ通話できるアプリで医師と話ができます。

最近はビデオ通話をする機会が増えてきていますよね。慣れれば、便利なものですね!

あなたの持っている端末によって使うアプリが違います。

FaceTime (ios搭載端末) または
Google Duo(AndroidOS搭載端末)

MS医療ダイエットで処方される薬はどんな働き?

お薬の有効成分でMS医療ダイエット

処方薬の有効成分の働き・・・便と共に体内から糖質・脂質を排泄させる効果があります。
糖質カット
腸での糖質の消化・吸収を阻害、吸収されなかった糖質は腸内細菌で分解、ガスまたは尿で排泄します。

脂質カット
腸での吸収を阻害し、便で脂質を排泄させる効果

脂肪燃焼
脂肪溶解注射と同じ成分で脂肪を燃焼
腸の活動を活性化、排出の正常化させる効果

便秘解消
脂質を溶解、燃焼させ、脂肪代謝活性を促進させる効果

糖質カット、脂質カット、脂肪燃焼、便秘解消の効果
お薬の成分で効き目を実感できますね!

MS医療ダイエットの痩身薬の効果・糖質吸収抑制薬

便と共に体内から糖質・脂質を排出させるメカニズム

糖質吸収抑制薬
食前に飲むと糖質が体内に吸収されるのを防ぎます。
小腸での糖質の吸収を阻害します。吸収されなかった糖質はガスとなって排泄されます。
食べ物が胃から小腸、十二指腸でさらに消化されますが、処方薬はここでの糖質の消化を阻害します。

糖質を過剰に摂っていると、脂質は体内に蓄積され、肥満の原因となります。処方薬を飲んでいると、体内に脂質を吸収させないで、便などとともに体外に排泄させます。

脂質吸収抑制薬
食前に飲むと脂質が体内に吸収されるのを防ぎます。

胃・十二指腸で消化吸収された食べ物は、小腸かた大腸へ。この時で食事から8時間~10時間過ぎています。
処方薬は大腸内でスムーズな排泄を促すために、便に状態を軟便にし滞留便も一緒に体外に排泄させるのです。

便秘解消薬
食前または食間(食事2時間後)に飲用することで大腸内の滞留便の一緒に体外に排泄させます。

 

尿と共に体内から糖質を排出させるメカニズム

糖質吸収抑制薬
腎臓は血液をろ過して、糖、老廃物、塩分を一旦、尿として排泄します。体に必要なものは再吸収、体内に留める働きをしますが、処方薬によって余っている糖質は腎臓から膀胱へ送られます。

腎臓から膀胱へ送られた糖質は、尿とともに、すべて体外に排泄させます。

MS医療ダイエットの処方箋薬を飲むと、

余分なものを尿や便で排泄して、体内に溜め込まないということですね!

肥満かどうか調べるには?

血液検査で脂質を調べて、肥満度を測ります。

総コレステロール(TC
血液中のコレステロール(脂質)140~199㎎/dlが基準範囲
この範囲以外だと動脈硬化、脂質代謝異常が疑われます。

HDLコレステロール
善玉コレステロールと呼ばれ、血液中の悪玉コレステロールを回収します。
               40~119㎎/dlが基準範囲
数値が低いと脂質代謝異常、動脈硬化が疑われます。

中性脂肪(T-G)
血液中に含まれる脂肪のこと。
体内の過剰な脂質が血液中に流れ込み、血液を通して体内に脂肪が蓄積され肥満となります。
上限値は男女ともに10~39歳まで110㎎/dl
40歳以上は150㎎/dl
最適範囲は100㎎/dl

あなたの健康診断の数値はいかがですか?
中性脂肪が多すぎるのは食べ過ぎ、飲みすぎ、運動不足などの生活習慣の乱れが原因です。

日本動脈硬化学会では、150㎎/dlが注意ラインとしています。

過剰な脂質を溜め込まないようにMS医療ダイエットで血液をきれいにしましょう!

医療 ダイエット おすすめ

医学誌「ランセット」に発表された調査によると、世界の肥満人口は1975年から40年間に急速に増えているそうです。

日本肥満学会の判定ではBMIが25以上が「肥満」とされ、日本でも男性の29%、女性21%がBMI25以上の「肥満」になっています。
男女とも、1975年に比べ肥満の割合が増加しているということです。

肥満が増えると、2型糖尿病、高血圧、心臓病、がんなどに繋がる恐れがあります。
肥満を減らすには高カロリーで高塩分の食事を減らして野菜や果物などのを増やし薄味習慣、運動習慣が大事ですね。

本気でダイエットしようとすると、生活習慣を見直し、時間もかかります。
そこで医療ダイエットなら、医師の管理の元、薬で食べ過ぎた成分を外に排出させるのですから、安全に確実にダイエットできるのはMS医療ダイエットです。

医療ダイエットのクチコミ

MS医療ダイエットで調べると、ネットに口コミが多数ありました。

ビデオ通話で診察します。医師の簡単な質問に答えるだけ、難しい質問はなかったです。感じの良い先生でした。
問診の内容は私の食生活、生活習慣などの状況やどのくらい痩せたいか、痩せた後は維持していきたいかなどです。10分ほどで診察が終わり、処方してもらう薬の説明、使用法などの説明があって終了しました
「医療用の薬」という点で効果がかなり高いと感じました。
MS医療ダイエットを始めてから、3か月で体重が7kgも減りました!

今までやってきたダイエットがなんだったのかと思うほど着実に効果があった。間違った方法でいくら努力しても無駄だった。ちゃんと医学的にサポートしてもらえば、効果があって、ちゃんと体重は落ちます。

MS医療ダイエットで1ヶ月で5キロ痩せました。お腹すかなくなるので、食べなくても平気になります。しかしそれだと栄養失調になるので、適度に食事はとってました。また代謝が良くなるとのことで、1時間の有酸素運動を週3回行いました。

MS医療ダイエット始めてから1か月~ 2種類の処方薬飲み続けただけだけど… 48kg! 約-2kgです! 食事制限してないのに凄い~ 始める前より便がよく出て汗もかきやすくなった。

MS医療ダイエットで心掛けたことは
・今までの同じ量の食事を規則正しくとる
・薬を1日2-3回必ず飲む
外来で病院やクリニックに通わずオンラインで処方、自宅に届くのは素晴らしいと思います。

MS医療ダイエットを飲み始めてから4週間で-3kg、3か月で-10kg!毎回ズボンのウエストをお直しに出していました。

MS医療ダイエットを飲み始めてから1か月で5kg減量、3か月で6kg体重が減り、現在は維持。

大好きなお酒も気にせず飲んでいます。
ダイエットに成功した経験はありますが、いつもリバウンドしていたので体重をキープしているのは驚きです。

 

MS医療ダイエットの治療費はどれくらい?

MS医療ダイエットの診察料・処方料含んだ標準的な費用(4週間分痩身薬処方)は公式ページに掲載されています。

医師の診断後、診察だけで終わる場合は費用はかからないようです。

詳しくは公式ページで MS医療ダイエット

MS医療ダイエットのよくある質問

MS医療ダイエットの公式ページによくある質問が掲載されていましたので、
まとめておきます。

MS医療ダイエットは誰でも受診できますか?

性別や地域に関係なく、全国対応で誰でも受診可能です。

但し、未成年、妊娠中の方などは受診できません。

MS医療ダイエットは運動やトレーニングは必要ですか?

処方薬だけでも十分な効果があるので必要はないが、運動を行えば効果を高めることにつながります。

 

MS医療ダイエットの副作用はありますか?

今までの処方症例で重篤な副作用の発生はないですが、医薬品には副作用の恐れがあるのも事実です。

MS医療ダイエットはスマホでないと受診できませんか?

遠隔診療にはPC、スマホ、タブレットのいずれかが必要で、ビデオ通話が可能なアプリが必要です。

                               

MS医療ダイエットは
リバウンドはありますか?

自己判断で薬を中断したり、治療完了後の暴飲暴食によってリバウンドすることはあります。

 

13054

この記事を書いた人:sumire14