運動不足は「内臓脂肪」が蓄積する原因の1つ

ダイエットするためには、運動も必要ですが、仕事や家事が忙しくて、まとまった時間がとれない。スポーツジムなどの通えない。ということがありますよね。
運動する時間がつくれないときの工夫をしましょう。

仕事で長時間の座りっぱなしになる人、座りっぱなしは血行を悪くして、肩こりや腰痛の原因となり。、肥満や生活習慣病にもつながってしまいます

姿勢の違いで体にかかる負担も大きく違いますので、長時間座っているときは、いすの背もたれには、なるべく寄りかからないようにして、「背筋をまっすぐに保つ」ことを習慣づけましょう。

「内臓脂肪」を落とす生活習慣は「かかとの上げ下げ運動」で、「ギュッとかかとを上げて、止めて、下ろす」だけの簡単な運動です。

あとは、お腹と背中がくっつくようなイメージで、下腹を凹ませる「ドローイン」です。これは、立っていても座っていても、いつでもどこでもできますので、体幹(インナーマッスル)を鍛え、お腹ぽっこりを解消させましょう。

このような日常の生活習慣を心がけ、さらにダイエットをするなら、あなたの適正体重を目指すMS医療ダイエットに問い合わせてはいかがでしょうか?

最新情報をお届けします